自殺社員の鬱病、日通に賠償命令(産経新聞)

 リストラの圧力をかけられた末に鬱病(うつびょう)を発症し自殺したとして、日本通運に勤務していた男性=当時(56)=の遺族3人が同社に約5千万円の賠償を求めた訴訟の判決が15日、大阪地裁であった。田中敦裁判長は日通側の安全配慮義務違反と鬱病発症の因果関係を一部認め、慰謝料など約330万円の支払いを命じた。

<医療事故書籍>集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定(毎日新聞)
社民、期限付き九州北部案で調整=国民新にシュワブ陸上案−普天間移設(時事通信)
小沢幹事長不起訴、検察審査会へ申し立て(読売新聞)
「委員長個人からの資金」=民主・小林氏側会計担当、地検聴取に(時事通信)
再生医療、一定の評価なら「速やかな保険導入」必要(医療介護CBニュース)
[PR]
by 3sdlisnspe | 2010-02-21 07:13
<< 脚本家の宮内婦貴子さん死去(時... 駅でスカートの中を盗撮容疑、N... >>