竹富島沖で旅客船炎上沈没、フェリーが全員救助(読売新聞)

 1日午前10時頃、沖縄県・竹富島(竹富町)の南西約4・4キロの海上で、個人所有の旅客船「くいぬぱな」(12トン)から出火、近くを航行していた黒島(同町)発石垣行きの小型フェリー「あんえい3号」が旅客船の本底重男船長(55)と乗客9人を救助した。

 乗客にけがはなく、本底船長が右腕に軽いやけどを負った。旅客船は炎上し同日正午過ぎ、沈没した。

 石垣海上保安部(石垣市)の発表によると、旅客船は同日午前9時40分頃、関東から来た雑誌の撮影スタッフ8人と地元の案内役1人を乗せて石垣島を出港。南西約22キロの新城(あらぐすく)島(同町)に向かっていた。ほぼ中間地点で出火したという。

 同保安部は、船の燃え方から機関室が火元である可能性が高いとみて船長に事情を聞いている。

<津波>高知も警報解除 気象庁(毎日新聞)
ペイオフ見直しせず=中小金融に有利にならず−金融相(時事通信)
自殺対策「正面から取り組む」=鳩山首相(時事通信)
根室で30センチの津波(時事通信)
調査捕鯨、継続前提に縮小も=保存と捕獲の両立模索−日本(時事通信)
[PR]
by 3sdlisnspe | 2010-03-04 00:50
<< シュワブ陸上案検討認める=普天... 社民、九州案を提示へ=普天間移... >>