「出会い喫茶」規制へ=風営法見直し、「類似ラブホ」も―警察庁(時事通信)

 児童買春などの温床と指摘される「出会い系喫茶」について、警察庁は27日、来年1月1日から風営法の規制対象とし、取り締まりを強化することを決めた。ビジネスホテルなどを装った「偽装ラブホテル」も同日から規制対象とする。
 規制対象になると18歳未満の児童の入店や、学校近辺や住宅街での営業が禁止される。ただ、これまで禁止区域で営業してきた施設は引き続き営業を認める。
 出会い系喫茶は、有料で入店した男性に女性を紹介する店で、男女が合意すれば店外に連れ出せる。無料で飲食ができるため、18歳未満の少女が出入りしており、店外での児童買春に結びつきやすいと指摘されていた。
 偽装ラブホテルに対しては、規制対象だった従来のラブホテルに要件を追加。客と従業員が顔を合わさず料金を支払える自動精算機が設置されていることなどを加え、規制対象とした。ラブホテルの要件の大幅見直しは26年ぶり。 

【関連ニュース】
巡査長が児童買春容疑=書類送検、15歳少女と
都条例改正に漫画家ら反対声明
少女12人の裸撮影=英会話教室経営の米国人追送検
官民一体の児童ポルノ対策指示=全国少年課長会議で警察庁長官

社民は連立離脱が筋=自民・谷垣氏(時事通信)
官民一体の児童ポルノ対策指示=全国少年課長会議で警察庁長官(時事通信)
ボタン電池どう回収? 業界がルート統一 周知乗り出す(産経新聞)
サッカー日本代表、活躍を期待する選手は誰?(Business Media 誠)
米国防長官「普天間進展喜ばしい」…防衛相に(読売新聞)
[PR]
by 3sdlisnspe | 2010-05-29 06:35
<< 嵐の二宮さん、自転車と衝突事故... 求刑上回る初の判決=さいたま地... >>