最年少の女流プロ棋士、藤沢名誉棋聖の11歳孫(読売新聞)

 6日に行われた日本棋院の女流特別入段枠の最終戦で、藤沢里菜(りな)さん(11)が1位となり、4月から史上最年少の女流プロ棋士となることが決まった。

 里菜さんは藤沢一就(かずなり)八段の長女で、囲碁界に大きな足跡を残し昨年5月に亡くなった藤沢秀行名誉棋聖の孫にあたる。

 里菜さんは、11歳6か月。これまでの一般入段枠での最年少は趙治勲二十五世本因坊の11歳9か月で、女流枠では謝依旻(シェイイミン)女流三冠の14歳4か月。

<水俣市長選>宮本勝彬氏が再選 熊本(毎日新聞)
明かされる遺体や傷の状況… アキバ殺傷・加藤被告、うつろな瞳で聞き入る(産経新聞)
石川知裕議員 近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える(毎日新聞)
石川県輪島市で震度4(時事通信)
<公共工事個所付け>民主が通知後回し 社民・国民新が抗議(毎日新聞)
[PR]
by 3sdlisnspe | 2010-02-11 22:58
<< 小学校教師「理科嫌い」 文系出... <亀井郵政相>「郵政改革法案」... >>