人気ブログランキング |

<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

地域主権戦略会議 大阪・橋下知事が改革案を提示「都市間競争の時代」(産経新聞)

 政府は3日午後、地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)の第2回会合を首相官邸で開いた。国の出先機関の原則廃止をはじめ、国が法令で自治体の仕事を縛る「義務付け」の見直しや、自治体が自由に使える「一括交付金」の導入などの改革案について意見交換。地域主権実現に向け、今夏をめどに策定する地域主権戦略大綱(仮称)に盛り込む本格的な作業をスタートさせた。

 大阪府の橋下徹知事は「国よりも都市間競争の時代に突入する。広域行政に成長力を持たせるべき」などと主張。国の形を中央と広域行政体、基礎自治体の3構造に分け、地方政府を設置する構想や地方公務員改革などを提案した。

 鳩山首相は冒頭、「(地域主権実現への工程を示した)原口プランに実行力を持たせ、国と地方のあり方を抜本的に変えていく会議としたい」などとあいさつした。

 地方に影響を及ぼす国の政策について閣僚と自治体代表者が話し合う「国と地方の協議の場」を設置する法案と、義務付け・枠付けの見直しなどの2法案を了承した。

 今後の予定として、3月中にも義務付けと地方への権限移譲に関する集中審議を開始することで合意。同時に、地方の裁量権を拡大する一括交付金の制度化に向けた検討や国の出先機関改革の審議も順次進めていくことを確認した。

 意見交換では、橋下知事は「(民主党の)国の形の最終ゴールが見えない。基礎自治体、広域行政体はどういう組織にすればいいのか分からない」などと指摘した。

 また、会議で出先機関改革を担当する北川正恭早稲田大院教授は「膨大な事務が地方に義務付けされている。各省の反発は予想され、改革には相当の覚悟がいる」と話した。

【関連記事】
橋下知事、あらためて大阪府市統合を主張 府議会定例会が開会
橋下知事、中国総領事館の移転「一歩進んだ」
地方に課税・立法権 橋下知事、地方政府法私案を提示
地域主権改革、今年から本格化 省庁の抵抗は必至
橋下知事「鳩山首相の思い感じた」 地域主権戦略会議
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

中2自殺 市教委がメモ公開 いじめの有無「確認できず」(毎日新聞)
額賀派がパーティー=野党になって出席者半減−自民(時事通信)
緊急医療チーム派遣は当面見合わせ チリ大地震(産経新聞)
ゴルフ場で土砂崩れ、作業員生き埋め(読売新聞)
食事与えず4歳児死亡…両親逮捕、虐待の疑いも(読売新聞)
by 3sdlisnspe | 2010-03-07 09:09

シュワブ陸上案検討認める=普天間移設「その方向に進んでいる」−北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は25日夜、都内で開かれた国民新党の下地幹郎国対委員長のパーティーであいさつし、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、「(下地氏とは)だいたい方向性が一緒だ。彼が下地(したじ)をつくり、その方向に今進んでいる」と述べた。
 政府は、下地氏が主張するキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)への移設案を検討し、米政府にも非公式に打診しているが、北沢氏の発言は防衛省としても陸上案を中心に検討していることを事実上認めたものだ。
 これに関し、政府関係者は同日、「シュワブ陸上案が一番いい案だ」と指摘し、同案を軸に調整すべきだとの見解を示した。ただ、県外・国外移設を主張する社民党や名護市は強く反対しており、調整は難航必至だ。
 一方、下地氏はパーティーでのあいさつで、「15年後に沖縄から海兵隊が撤退すると約束し、未来にしっかりと基地の軽減があると示すことが大事だ」と語った。 

【関連ニュース】
普天間「5月末に必ず結論」=社民党首と会談、先送りをけん制
「幹事長として選挙に勝つ」=民主・小沢氏、続投の意向強調
普天間移設「下地案が軸」=北沢防衛相
社民、九州案を提示へ=普天間移設
辺野古区長ら、シュワブ陸上案に反対=普天間移設

<雑記帳>ギネス挑戦、巨大モザイク画…京都(毎日新聞)
経団連の献金関与打ち切りは痛手 自民総務会長(産経新聞)
沈む港町 三陸の打撃深刻 養殖施設が破損や流出(河北新報)
京橋花月 吉本・辻本座長と松竹・渋谷代表“歴史的共演”(毎日新聞)
可能部分は地方移管=ハローワーク取り扱い−総務相(時事通信)
by 3sdlisnspe | 2010-03-05 20:35

竹富島沖で旅客船炎上沈没、フェリーが全員救助(読売新聞)

 1日午前10時頃、沖縄県・竹富島(竹富町)の南西約4・4キロの海上で、個人所有の旅客船「くいぬぱな」(12トン)から出火、近くを航行していた黒島(同町)発石垣行きの小型フェリー「あんえい3号」が旅客船の本底重男船長(55)と乗客9人を救助した。

 乗客にけがはなく、本底船長が右腕に軽いやけどを負った。旅客船は炎上し同日正午過ぎ、沈没した。

 石垣海上保安部(石垣市)の発表によると、旅客船は同日午前9時40分頃、関東から来た雑誌の撮影スタッフ8人と地元の案内役1人を乗せて石垣島を出港。南西約22キロの新城(あらぐすく)島(同町)に向かっていた。ほぼ中間地点で出火したという。

 同保安部は、船の燃え方から機関室が火元である可能性が高いとみて船長に事情を聞いている。

<津波>高知も警報解除 気象庁(毎日新聞)
ペイオフ見直しせず=中小金融に有利にならず−金融相(時事通信)
自殺対策「正面から取り組む」=鳩山首相(時事通信)
根室で30センチの津波(時事通信)
調査捕鯨、継続前提に縮小も=保存と捕獲の両立模索−日本(時事通信)
by 3sdlisnspe | 2010-03-04 00:50

社民、九州案を提示へ=普天間移設(時事通信)

 社民党は25日午前の常任幹事会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として、米領グアムに加え、九州に暫定的に移す案を政府・与党の沖縄基地問題検討委員会に提示することを事実上了承した。海上自衛隊大村航空基地(長崎県大村市)や佐賀空港(佐賀市)などを想定しており、具体的な地名を明示するかどうかも含め、検討委メンバーの阿部知子政審会長らを中心に「九州案」の中身を詰める。
 阿部氏らは九州には米海兵隊が遠征に使う強襲揚陸艦の母港(米軍佐世保基地)があり、米側の理解も得やすいとみている。使用期限を設け、最終的にはグアムなどへの移設を目指す。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

神奈川県立川崎高等学校
初年度は6405億円=地方法人譲与税、5都府県減収に−総務省(時事通信)
北教組幹部逮捕 民主・小林議員「非常に残念」 (産経新聞)
採点に女子学生同席、満点に=担当講師を懲戒免職−埼玉県立大(時事通信)
トレーラー追突、6台玉突き=4人死傷、運転手を逮捕−新潟(時事通信)
by 3sdlisnspe | 2010-03-02 17:35

現場の目線に立った医療行政を―レセオンライン訴訟が終息(医療介護CBニュース)

 法律ではなく、厚生労働省令で定めたレセプト(診療報酬明細書)のオンライン請求義務化には従う義務がないことの確認を求めた行政訴訟の第4回口頭弁論が2月22日、横浜地裁(佐村浩之裁判長)で開かれ、神奈川県保険医協会の会員開業医を中心とした原告団と国が訴訟取り下げで合意した。原告団の小賀坂徹弁護士は取り下げに当たっての意見陳述で、今後は医療現場の目線に立った医療行政を行うよう求めた。

 2006年4月の改正厚労省令で定められたレセプトのオンライン請求義務化は、昨年11月施行の改正省令で撤回されており、原告団は訴訟を取り下げる方針を示していた。

 小賀坂弁護士は意見陳述で、「行政がいったん決定した政策を、その実行前に撤回することは極めて珍しい。英断であり、その意味で政府、厚労省に敬意を表したい」と述べた。しかし、医師会や保険医協会のアンケートで、医療機関の1-2割が廃業せざるを得ないと答えたにもかかわらず、義務化を厚労省令によって強行しようとしたことは「異常だと言うしかない」とし、「これだけの重大な問題を、厚労省が省令改正という手続きで強行しようとしたことは、法律家として信じられない思いがした。このことが立法事項であることは、誰の目から見ても明らかだったのではないか」と述べた。
 その上で、「医療現場の実情を全く無視して、役所の都合、思惑だけを押し付けるやり方は、オンラインの義務化の問題にとどまらず、これまでの医療行政全般の特徴だった」とし、「医療現場、そして医療を受ける国民の目線に立った医療行政が今後行われることを強く要望する」と語った。


【関連記事】
レセプトオンライン化訴訟、終息へ―神奈川原告団
電子媒体での請求も「原則」の請求方法に―厚労省令改正
オンライン請求の義務化撤回求め初の提訴へ
レセプトオンライン化には「太陽政策」を
「オンライン請求義務化は実現不可能」

<夕張市>カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?(毎日新聞)
アグネスさん ソマリア視察終える 日本ユニセフ大使(毎日新聞)
<JR鶴見駅>天井の部品落下 主婦背中に軽傷(毎日新聞)
<新型インフル>帰国者対策重視で対応遅れ 厚労省まとめ(毎日新聞)
<夕張市>財政再生案提出、17年間で赤字322億円解消(毎日新聞)
by 3sdlisnspe | 2010-03-01 13:21